血統マニアが送る競馬マニアのための競馬情報ブログ!
  • 2024年7月20日
  • 2024年7月15日

中京記念(G3) [最終見解]

2024年07月21日(日) 中京11R 中京記念 今年は従来の中京芝1600mから舞台を替えて、小倉芝1800mで施行される中京記念。 2021、22年の中京記念も小倉競馬場で施行。 馬券に絡んだ6頭中4頭は、前走芝1600m以下の距離に出走していた延長ローテ馬という共通項。 また近2走以内に、3 […]

  • 2024年7月13日
  • 2024年7月8日

函館記念(G3) [最終見解]

2024年07月14日(日) 函館11R 函館記念 過去3年の函館記念で馬券に絡んだ9頭中7頭は、距離短縮ローテ馬or近2走以内に上がり順位3番手以内馬に該当。 また、父か母父に欧州型種牡馬の血を持つ馬も、過去3年で全勝。昨年も父欧州型血統馬が4着以内を独占。 いわゆる洋芝100%馬場で行われる中距 […]

  • 2024年7月12日
  • 2024年7月8日

函館2歳S(G3) [最終見解]

2024年07月13日(土) 函館11R 函館2歳S 過去3年の函館2歳Sで、当日単勝8人気以下の立場から馬券に絡んだ3頭は全馬が、前走が函館芝1200m以外のレースに使われていた馬という共通項。 また、過去3年で当日単勝4番人気以下の立場から馬券に絡んだ6頭は全馬が、ミスプロ系、ノーザンダンサー系 […]

  • 2024年7月7日
  • 2024年7月2日

七夕賞(G3) [最終見解]

2024年07月07日(日) 福島11R 七夕賞 直近3年の七夕賞は、近2走以内に、3角5番手以内の先行経験or上がり順位3番手以内の末脚実績馬が全勝。 当日単勝6番人気以下の立場から馬券に絡んだ5頭も、全馬が上記の経験馬。 また近3年の当レースで馬券に絡んだ9頭は全馬が、父か母父がディープインパク […]

  • 2024年7月6日
  • 2024年7月4日

プロキオンS(G3) [最終見解]

2024年07月07日(日) 小倉11R プロキオンS 従来の中京ダ1400mから舞台を替えて、今年は小倉ダ1700mで行われるプロキオンS。 2021、22年のプロキオンSも小倉ダ1700mで実施。 上記2年で馬券に絡んだ6頭中5頭は、距離短縮のローテ馬。そのうち3頭は当日単勝12番人気以下の超大 […]

  • 2024年6月30日
  • 2024年6月24日

ラジオNIKKEI賞(G3) [最終見解]

2024年06月30日(日) 福島11R ラジオNIKKEI賞 過去3年のラジオNIKKEI賞は、距離延長ローテor近2走以内に3角5番手以内の先行経験馬が2勝。 この期間で当日単勝4番人気以下の立場から馬券に絡んだ5頭中4頭も、上記のローテーションを満たす馬。 戦歴的には、いわゆるスピード指向の強 […]

  • 2024年6月29日
  • 2024年6月27日

北九州記念(G3) [最終見解]

2024年06月30日(日) 小倉11R 北九州記念 過去3年の北九州記念は、当日単勝9人気以下の立場から馬券に絡んだ2頭がともに、距離短縮ローテor近2走以内に上がり順位3番手以内馬の該当馬。 昨年は当該ローテ馬が2着3着、一昨年も該当馬によるワンツー決着で当時の1着馬は単勝16番人気の超大穴。 […]

  • 2024年6月22日
  • 2024年6月17日

宝塚記念(G1) [最終見解]

2024年06月23日(日) 京都11R 宝塚記念 阪神競馬場の改修工事に伴い、今年は京都競馬場で施行される宝塚記念。 京都芝2200mで行われるG1競走という意味では、エリザベス女王杯と同じ舞台。 今年に関しては、このレースが一応の参考レースとなるでしょうか。 京都芝2200mで行われた昨年のエリ […]

  • 2024年6月15日
  • 2024年6月10日

マーメイドS(G3) [最終見解]

2024年06月16日(日) 京都11R マーメイドS 阪神競馬場の改修工事に伴い、京都芝2000mで施行される今年のマーメイドS。 京都芝2000mで行われる牝馬限定の重賞レースという意味では、牝馬3冠最終戦の秋華賞(京都芝2000m・G1)と同条件。 あくまでも今年のレースに関しては、この秋華賞 […]

  • 2024年6月9日
  • 2024年6月6日

エプソムC(G3) [最終見解]

2024年06月09日(日) 東京11R エプソムC 直近5年のエプソムCは、近2走以内に上がり順位3番手以内or距離短縮ローテ馬が全勝。 当日単勝4番人気以下の立場から馬券に絡んだ10頭中7頭も、上記ローテを満たす馬。 また過去5年の勝ち馬は全馬が、父か母父がキングマンボ系、ロベルト系、サドラーズ […]